エスプレッソとは

 

直訳は”急行”です。

それで”express”=”espresso”

この意味が一般的ですね。

もうひとつの意味もあります。

特別な、”おもてなしの1杯”

私は、こちらの思いで マシンとかかわらせてもらっております。

 

ここでは、エスプレッソコーヒーと一般に日本で飲まれているのコーヒーの違いを分かって頂きたいです。

「コーヒー」と「エスプレッソ」は別の飲み物と言っても過言ではありません。

a_top-anime2010092205

[定義:イタリアのエスプレッソ協会が決めました。]

・コーヒー粉は6~8g(豆にすると50~55粒)・・通常2杯取りですから2杯分で      14g前後

・抽出のお湯の温度は90度+-数度

・抽出気圧 9気圧(マシンのボイラー圧は15気圧:9気圧は60㎏で押した力程度)

・抽出時間 30秒(誤解が多い点ですが、これは2杯取りの時間です。粉14g程度です。)

・抽出量  30cc(25~30cc)・・1秒間に1ccが目安です

基本は上記内容ですが・・・付け加えまして

・エスプレッソコーヒー粉は極細挽きです。 挽きが粗いと味が出ませんね。

・焙煎は本場イタリア系ではシティ~フルシティローストが主流。

アメリカ(シアトル系)ではフレンチまたはイタリアンローストが主流です。

更に付け加えまして

・エスプレッソは70cc以上入らない当期の分厚いカップで提供されます。

これは温度が下がらないためと鼻に香りが流れやすい大きさになっているといわれます。

・泡(クレマ)はヘーゼルナッツ色で縞模様(タイガースキン)、厚さは3~5㎜程度

・少なくても2分間はクレマが表面に残る。(焙煎鮮度、挽き立て数時間以内なら大丈夫)

・味と香りのクレマ、コクのボディのバランスが重要。

コーヒーの絵

次回は器具の違い♡