デロンギ・JURAユーラ・アスカソ・シモネリオスカー・サエコエスプレッソマシン専門店(家庭用、おすすめ、ランキング、比較サイト)

お気軽お問合せ特定商取引サイトマップエスプレッソマシン業務用マシン
エスプレッソマシーン専門店エスプレッソマシンの選び方で失敗しない理由安心のアフターサービス初めてのお客様へお買い物ガイド

 

故障しないエスプレッソマシン(ほぼほぼ)

 故障が少なく
 メンテナンス最小限

 

 

 

ECAM23420SB デロンギ マグニフィカS スペリオレ コンパクト全自動エスプレッソマシン

 おうちで、カフェみたいに

 楽しむなら

 

 

コーヒーだけなら、エスプレッソだけなら

 ミルクメニューは要らない

 ワンランク上の味を求める

 

 

 

JURAユーラとイタリアブランド(サエコ、デロンギ)の比較

 デロンギの良さもあり

 サエコの良さもあり

 新勢力ユーラの良さも。

 

 

 

失敗しないマシンの選び方

 

<サエコ製品のアウリカシリーズは、5年延長保証の対象外になります。>

 

エスプレッソマシンの故障対策は5年延長保証

 

 平均的な5年間の修理費用は

 弊社調査では

 約28,000円(業務使用含む)

 

 

 

 

 

エスプレッソマシン下取りします。 買い替えの際はご相談くださいませ

 

 まずは、下取りを相談!

 

 故障する前なら

 高価に下取り可能!

 

 

 

 

 

 

イタリアのビック3

エスプレッソマシン専門店

 

 

 

 

エスプレッソマシン専門店のアウトレット品 B級品

B級品、アウトレット、デモ機

新品交換マシンなど

 

 

 

サエコエスプレッソマシン メンテナンス品

 

 

 


はてなブックマークに追加  

 

専門店店長フォロー

 

 

エスプレッソマシン専門店TOP>>エスプレッソマシン長持ちに秘訣 メンテナンス

 

エスプレッソマシンの長持ちの秘訣

 

●業務用のメンテナンスの事はこちらへ ⇒

 

エスプレッソマシンのメンテナンス

 

 このような考え方でエスプレッソマシンは長持ち出来ます。

 

 では、どこ壊れるのでしょうか?

 サエコの特許のひとつ、ブルーイングユニットのグリース不足が原因で壊れます。

 

 

ユニット

 これは、ロイヤルプロフェッショナルのブルーイングユニットです。

 このユニットはマシンの心臓部 

 基本は毎日、取り出して水洗いですが、されだけでは故障します。

 

 必要なのは、ユニット稼動部へグリースの塗布です。

 これを、ナイガシロにすると、本体モーター部分が負荷オーバーで故障

 

ユニット用グリースなどメンテナンス備品は⇒    

 

ユニットのグリース塗り

 

ユニットのグリース塗り

 

ユニットのグリース塗り

 

 

 

 もうひとつ、壊れやすい場所は  ボイラー及びボイラー周辺です。

 

ボイラー

  サエコのボイラーは新型はステンレス製。 しかし、内部には

  石灰が溜まります。

 

  そのまま放置していますと、目詰まり、破裂破損が起きます。

  浄水装置で、浄水しているからと言っても水の中には石灰分が

  溶け込んでおり、90度の熱湯になるとその解けた石灰分が固まり

  となっていきます。

 

  温度が下がり、完全に内部に付着して故障の原因となります。

 

 

 

  これを、半年から1年おきぐらいに、除去していくと故障が激減します。

 

  徐石灰材(デカルリキッド)などメンテナンス備品は⇒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのTOPへ戻る