デロンギ・JURAユーラ・アスカソ・シモネリオスカー・サエコエスプレッソマシン専門店(家庭用、おすすめ、ランキング、比較サイト)

お気軽お問合せ特定商取引サイトマップエスプレッソマシン業務用マシン
エスプレッソマシーン専門店エスプレッソマシンの選び方で失敗しない理由安心のアフターサービス初めてのお客様へお買い物ガイド

 

故障しないエスプレッソマシン(ほぼほぼ)

 故障が少なく
 メンテナンス最小限

 

 

 

ECAM23420SB デロンギ マグニフィカS スペリオレ コンパクト全自動エスプレッソマシン

 おうちで、カフェみたいに

 楽しむなら

 

 

コーヒーだけなら、エスプレッソだけなら

 ミルクメニューは要らない

 ワンランク上の味を求める

 

 

 

JURAユーラとイタリアブランド(サエコ、デロンギ)の比較

 デロンギの良さもあり

 サエコの良さもあり

 新勢力ユーラの良さも。

 

 

 

失敗しないマシンの選び方

 

<サエコ製品のアウリカシリーズは、5年延長保証の対象外になります。>

 

エスプレッソマシンの故障対策は5年延長保証

 

 平均的な5年間の修理費用は

 弊社調査では

 約28,000円(業務使用含む)

 

 

 

 

 

エスプレッソマシン下取りします。 買い替えの際はご相談くださいませ

 

 まずは、下取りを相談!

 

 故障する前なら

 高価に下取り可能!

 

 

 

 

 

 

イタリアのビック3

エスプレッソマシン専門店

 

 

 

 

エスプレッソマシン専門店のアウトレット品 B級品

B級品、アウトレット、デモ機

新品交換マシンなど

 

 

 

サエコエスプレッソマシン メンテナンス品

 

 

 


はてなブックマークに追加  

 

専門店店長フォロー

 

 

エスプレッソマシン専門店TOP>> Q&A 2012年(実際にあった質問とお答え |2013| ) 

 

Q&A 2013年実際にあった質問とお答え| |||||||| |2012

以前のラブカプチーノQ&A

 

エスプレッソマシン専門店

 

  エスプレッソマシン専門店へお問合せがありました2012〜2013年のQ&Aです。

 

Q

 デロンギEC200-Nでラテ・アートを始め、仲間と集まって時々練習しています。

 以前からあったコーヒー抽出口からのぽたぽた水がひどくなり、エスプレッソも

 しゃびしゃびの薄いものしか出てこなくなりました。

 

  ポッドホルダーのパッキンを変えても変わらず、そろそろ買い替えを考えています。

 知り合いから、シモネリオスカーを勧められ色々調べていいなと思っているのですが、 修理だけが心配です。

 

  海外購入の家電で痛い目に合っているので、日本で買おうと思うのですが、

  御社は一年の保証期間後もトーエイ工業さんでの修理対応が出来ますか?

  ご回答お待ちしております。

Ans

 

  お問い合わせありがとうございます。

  ポッドホルダーのパッキンは定期的に取替は必要ですね。
  オスカーでは、水漏れは皆無でしょうね、パッキン交換すれば。

  トーエイ工業は厨房など多くの機器を扱っておりますし
  世界的に有名なシモネリの日本総代理店ですので
  保守、メンテナンスは安定しております。

 

   このオスカーに万一、不具合が発生した場合は代替機対応になります。
   エンドユーザー様の登録は必要ですが。

 

   昨年より販売しておりますが、今までに代替機対応になったケースは1回ですね。
   他は、電話対応で解決しております。

 

  

   何卒、ご検討よろしくお願いいたします。

 

 

Q

 オデアジロカプチーノとタレアジロカプチーノは???

Ans

 

 オデアジロカプチーノとタレアジロカプチーノはマシン本体が違います。

 

 オデアにはなく、タレアにある機能

  ・SBS機能  味の濃淡をその都度調整できます、圧力を調整出来ます。
    どうして必要か?
   味の濃淡は豆の種類ブレンド、焙煎、粉量、挽きの粗さ、抽出量で変わります。
   しかし、一旦豆を購入して、マシンをセットして、カップを同じものを使う時
   すぐに調整できるのは、粉量3段階のみです。
   これでは、濃淡程度の差が少ないです。

   同じ豆、同じ量、同じ挽き粗さで、
   例えば、ご主人、奥さん、来客の方の味濃淡の好みが
   違う場合に、凄く役立ちますね。

 

  ・粉コーヒーも使えるのが、タレアシリーズです

   豆では、同じ種類だけになり、マンネリしますし
   たまには、超苦いアイスコーヒー粉、貰い物のコーヒー粉など
   使えたら便利ですね

 

  ・タブレット洗浄機能がタレアにはあります。

    これは、コーヒー豆には20%近い脂肪分があります。
    これは、コレステロールが血管に付着するように
    マシンの経路に同じように付着します。

    お湯では落ちません。
    クエン酸洗浄をすると、びっくりするぐらいに落ちます。

    この機能はある方が、良いと思いますよ。

    あとは、オデアはタレアよりやや小さくなっています。(少しだけですが)

    スチームはスチームノズル(パナレロ)でどちらも出来ます。

    オデアには、カプチナトーレしか装着できませんが
    タレアは、カプチナトーレでも、ミルクアイランドでも装着できます。

 

    よろしくお願いいたします。

                          店長 つぼい

 

Q

 質問させてください。

 

  元々はデロンギのマグニフィカ(下位モデル)を購入予定でした。

 探しているうちにサエコを知り、他の方がブログ等で

 「デロンギは音がうるさい」「サエコは美味しい」と書いていたのを見て、

 サエコに興味を持ちました。

 

 でも、デザインはデロンギの方が好きで、、、。

  で、いろいろ調べる前にYahooの知恵袋で質問したのです。

 

  うちでの使用はレギュラー(アメリカン)とエスプレッソを主人が飲み

  私がカプチーノを飲みますが1日1~2杯ずつしか飲みません。

  カプチーノが出来て、レギュラーが入れられて、2杯同時で入れれるとベスト。

 

 ミルクは時間がある時は自分でフォームしますが忙しい朝はマシン任せにできると嬉しい。

  豆のまま普段は飲みたいが夜遅く(明け方)飲むこともあるため、

 挽いた豆もそのまま使用できると最高。音が静かであれば豆のままでも良いですが。

 

  こんな条件に合うマシンはありますか?

 

  もしくはこの条件を外せばこれ!というニアピンも教えてください。

  お忙しいとは思いますが、お時間ある時にご返答ください。

  よろしくお願いいたします。

Ans

 

  お問い合わせありがとうございます。

  早速ですが

 ●うちでの使用はレギュラー(アメリカン)とエスプレッソを主人が飲み
   私がカプチーノを飲みますが1日1~2杯ずつしか飲みません。
   カプチーノが出来て、レギュラーが入れられて、2杯同時で入れれるとベスト。
 
  デロンギのマグニフィカSプラスの2杯同時は 

   1杯が8g程度で2杯が12g程度を使用して
   同時に抽出しています。 少し1杯と2杯で味に変化はでますね。

  

  Saecoの場合の2杯同時抽出は、2連続運転です。

  1杯が8g程度、それを2回連続して抽出されます。
  味は、1杯でも2杯でも同じになります。

  

  デロンギが早く2杯抽出できる利点はありますが、

  欠点は少し味が1杯の時と変わる点ですね。

 

 

   カプチーノ、エスプレッソ、レギュラー、アメリカーナなどどちらも可能ですね。

 
 ●ミルクは時間がある時は自分でフォームしますが

           忙しい朝はマシン任せにできると嬉しい。

   マシンに完全に任せるのなら
   Saecoエクセルシスでしょうね。
    http://www.e-espresso.net/xelsis_0-2.html

     1日の杯数が少ないので、これはもったいないですね。

     ノズルをミルクに差し込んでいても、かなりフォームは出来上がります。
     参考に  タレジロカプチーノ
    http://www.e-espresso.net/taleagiro_capp00.html

 

 

 ● 豆のまま普段は飲みたいが夜遅く(明け方)飲むこともあるため、

    挽いた豆もそのまま使用できると最高。
   デロンギのマグニフィカSプラス 可能
  サエコなら
    タレアジロカプチーノ
    タレアジロプラス
    タレアリングプラス
    エクセルシス
    挽いた豆もそのまま使用できます。

 

 

 ●音が静かであれば豆のままでも良いですが。
   デロンギの音を100としたら サエコが60〜70ぐらいの音ですね。
   グラインダーの方式により音の差がでます。  

 

   条件にMAX当てはまるのは エクセルシスでしょうね。
   条件に合ってしかも、お安いのは
   タレアジロカプチーノ  69,800円 
   タレアジロプラス&400mlミルクアイランド 69,800円

 

    今なら、ミニフレーバーシロップをプレゼントしています。
    ご検討、よろしくお願いいたします。

 

 

Q

  貴社で何回か?

  利用させていただいていますが、困ったことがありましてメールさせていただきます。

  2、3年前にSaeco Talea Giro Plus を購入して利用していました。

   今まで処理したことがなかったので、特に「除石灰表示ランプ」はついていませんでしたが、  「ボイラー除石灰の実施」をしました。

   無事作業は終わり、最後に「除石灰ボタン」を長押しして電源を落として完了しました。
   その後、数日後マシンの電源をいれたところ、「除石灰表示ランプ」が

   表示されたままになってしまいます。

 

  水道水をタンクに入れて、スチーム給湯ノブを操作して、何回か?

  タンクが空になるまで操作しましたが、どうしても「除石灰表示ランプ」の表示が消えません。

  どのような対応をしたらよいでしょうか?
  修理に出した方がよいのでしょうか?

 

  今まで問題なく利用していましたが、美味しいコーヒーが飲めなくて、困っております。
  大変お手数ですが、アドバイスをいただければと思います。

  よろしく、お願いいたします。

  =(弊社からのマシン購入ではなく、メンテ品購入者さん)

 


A

  ご不便をお掛けします。

 

  取説http://www.saeco.jpn.com/support/manual/tgp.pdf
  39ページの徐石灰ですよね!
  41ページの10番  長押しを再度されてみてくださいませ。

 

  よくあるのは、徐石灰作業を完全に終了したと思っていたが
  水タンクが空になり、ススギ作業が終了すると、 ランプは自動で消灯し、

  次に警告ランプが 点灯します。

  除石灰ボタンを6秒以上押し続けて警告ランプを消灯させます。    

  警告ランプの消灯を確認後、スチーム・給湯ノブを ● 位置に戻してください

  完全に出来ていない事ですね。

 

 

  徐石灰ランプが点いたからと言って
  しないでも、故障しないですし使えますね!

 

  上位機種のエクセルシスは実施しないと停止するんですがタレアは動作します。

  再度、徐石灰(洗浄剤なしの水のみで)作業を完全にしてみて
  それでもランプが消えない時はメーカーへ 

  048-949-2888へお願いします。

 

  ランプ点灯でも使えますのでご安心を

  (ランプは抽出量で自動で点灯するのであり
   センサーで石灰をチェックしている訳ではありません、目安です)

  では、また。

 

Q

  ご担当者様、

 

  アスカソマシンの購入を検討している者です。

  以下、教えていただけないでしょうか。

 

  2013年4月から仕様変更とありますが、

  これから購入を検討している者(アスカソ初心者)にとっては、変更前、変更後、

  どちらが、 お勧めでしょうか。

 

  また、

  ・通常の値段のものを注文した場合は、

   仕様変更後のマシンが届くと思って宜しいのでしょうか。

 

  ・1年間はメーカー保証があるので、ある程度は安心なのですが、

   2年目以降に故障した場合の、アフターサービスはどのようになるのでしょうか。

 

   日本で修理は可能なのでしょうか。

  (日本にサービスステーションに該当するような修理可能が

               体制になっているのでしょうか。)

 

  10万円もするマシンが2年程度で故障して修理できない、

  或いは費用が非常に高く付くのでは

  と心配になります。

 

  過去にデロンギのマシン(2〜3万程度のマシン)を

  2台購入の経験があり、

  2台とも2年程度で壊れてしまったのでこのような質問をさせていただきました。

 

 

A

 

  お問合せありがとうございます。

   早速ですが、

  Q.これから購入を検討している者(アスカソ初心者)にとっては、

    変更前、変更後、どちらが
     お勧めでしょうか?

 

    使い方によると思います。

    アスカソはそもそも連続して、4杯や6杯など抽出には向いてはいません。
    2杯抽出して、1〜2分おいて、次の2杯ぐらいなら
   (また、1〜2分おいて、次の2杯、 また またと 1〜2分感覚があれば) 
    何回でも、抽出ができますが・・・

 

    新しい仕様はタンク式ではないので
    この 1〜2分を置かないでも、出来やすくなっています。
    (旧式がタンク、新仕様は瞬間湯沸かし器みたいな)

 

    これは、スチームにも言えますが
    ボイラー方式は 1分も継続してスチームが出来ないですね。
   (実際、ミルクをスチーミングする際は、15〜20秒で可能ですが)
    新仕様は、2〜3分でも、継続してスチームが可能です。

    ですので、
    1〜2杯を楽しむ。
    ミルクも1〜2杯分を出す(5杯も10杯分も一度に作らない)
    のであれば、旧式も新式も変わりませんね。

 

    新仕様の欠点は
    ・コンコンと言う音がする
    ・ノズルや抽出口から、ぴゅぴゅっと 蒸気や水滴が飛び散る点ですね。

    能力は上がったが、少し煩く、少し汚しちゃうって感じですね。

 

   
  ・通常の値段のものを注文した場合は、仕様変更後のマシンが届くと

    思って宜しいのでしょうか。

    そうです。
    通常の値段で購入すると 新仕様マシンです。

 

  アフターサービス・・・
    ● 使い方でご不明な点がございましたら
      弊社、私(店長つぼい)info@e-espresso.net  
      090-5674-7185

    ● メーカー(日本の総輸入代理店)  info@dcservice.co.jp
      株式会社ディーシーエス 東京営業所ショールーム
      〒174-0043 東京都板橋区坂下1-20-6    
      tel:03-5914-1580

   

    <メーカーサポートセンター>
     (株)DCS 関西本社
      〒663-8113
      兵庫県西宮市甲子園口4丁目22番22号
      Telephone: 0798-65-2961
      FAX: 0798-65-2907 
      E-mail: info@dcservice.co.jp

  

     上記、西宮市が修理センターになります。

 

     故障の多くは、電源を入れっぱなしにして
     ボイラーが過熱状態が長く続く事での故障が最多みたいです。
     これさえ、ちゃんとすればそう故障はないと聞いています。

 

    デロンギのマシン(2〜3万程度のマシン)・・・
     これは、たぶん
     メイドインチャイナですね。

     アスカソはスペインバルセロナですので
     隣国よりは程度が良いとおもいますよ(*^_^*) 

 

   

Q

 前略

  お忙しいところ恐縮ですが、エスプレッソマシンのことでお教え下さいませ。

 

  当方以前はコーヒーマシンで、ここ何年間はハンドドリップでコーヒーを・・・。

  少し時間的に余裕が持て、コーヒータイムを楽しみたい〜なと考えております。

 

 いろいろ検索して、貴HPに辿り着きました。そしてsaecoのタレアリングプラスに。

  そして今、デロンギのカフェ・ジャポーネに少し惹かれています。

 

 高が、コーヒー、然れど・・・。家庭でそんなにも高価なマシンが必要なのかとも。

  一杯のコーヒーで至福のときを過ごせればと思うのですが・・・。やはりマシンには

  それだけの価値があるのでしょうか?

 

A

 

  非常に難しい質問でして・・・

 

 ハンドドリップでコーヒーの良さと
 エスプレッソマシン系でのコーヒーは趣きが違いますね。

 透き通った酸味と甘みのコーヒーがドリップとしたら
 マイルドなクレマとコーヒーの苦味を楽しむのがエスプレッソ系でしょうね。

 それと、
 なんと言ってもミルクメニュー

 カフェラテやカプチーノ
 ラテアートなど
 最近では3Dラテアート 立体化しております。

 

  コーヒーをより深く楽しむならドリップで
 コーヒーを幅広く、また立体的(アートだけではなく、フレーバーなど)に
 楽しむのが、エスプレッソ系でしょうね。

 

 

 一杯のコーヒーで至福のときを過ごせれば・・・
 これは、解りません。

 エスプレッソを家庭で極めたり
 エスプレッソ系のメニューを 人に自分の手造りで振舞う方は
 アスカソやシモネリオスカーを購入されています。

 

  コーヒーをより身近に
 ミルク系(ラテやカプチーノ)を気軽に
 楽しむ時は
 デロンギ マグニフィカSプラスやタレア、エクセルシスを
 購入されていますね。

 

  エスプレッソマシンは道具に過ぎません。
 マシンを使って
 どんな 楽しみ方を期待するのか?
 望むのか?
  これが、無ければ 不要でしょうね。

 

 

     このページのTOPへ